ハワイに行った感想

LCC

前回 https://ajakonotabiblog.com/ハワイはあまり好きじゃないと言いながら/の続きです。

ここからは実際の旅の率直な感想を書きます。

関西空港からAirAsiaでハワイへ!

Book Flights, Hotels & Activities Online | AirAsia
Book online with AirAsia to enjoy flights at the lowest fares to 150+ destinations, and choice of 500k+ hotels and 10k+ activities to perfect your trips!

8月某日、出発日。

夜の9時過ぎに関空に着くと、すでにチェックインカウンターには20~30人の行列が。

でも私たちはプレミアムフレックス

https://www.airasia.com/jp/ja/premium-flex.page

を予約していたので、優先チェックインのレーンで素早く手続きができました。

格安がウリのLCCなので、これをつけるかどうかはやはり、この優先チェックイン座席のグレードにどれだけこだわるか、というところです。

まず優先チェックインに関してはとても楽でした。

待ち時間なくスムーズに搭乗券を受け取れたので、そのあとの夕食タイムに時間をたっぷり割けました。

*ATTENTION!! 関西空港から夜便で出発される方は、レストランのラストオーダー・閉店時間に気をつけてください。ほとんどのお店が夜の9:30でラストオーダーとなるため、夜遅くに食事ができる店舗は限られています。

さぁ、そしていよいよ搭乗!

さすが人気のハワイ便とあって、ほぼ満席。肝心の座席は…まぁこんなもんよね、という感じでした。

ブロックの最前列なので正面が壁な分、足元は広めです。

LCCにありがちな「大幅な遅延」を心配していましたが、ほぼ定刻通りの出発でした。

食事は…ちゃんと食べていないのではっきりとは言えませんが、まぁ普通のエコノミーレベルでしょうか?予約の時点でメニューを選ぶので、適当にチョイスしてました。

夜に日本を発つフライトなので、寝るための時間です。なので機内サービスを求めるよりは、静寂性とシートの寝心地を重視。この辺はレガシーキャリアを使っても同じなので、値段で比較すればAirAsiaの圧勝でした。(でもごめんなさい、ハワイアン航空が現状どの程度かは知りません。)

そして飛行機は定刻通り、現地時間の午後1時にホノルルに到着。

日本からチャーリーズタクシー

ホーム – Charley's Taxi

を予約していたので、空港の出口を出たところにある公衆電話で電話をして、お迎えに来てもらいました。(これもとてもスムーズ!電話でも日本語が通じました。)

ホテルはヒルトン・ハワイアン・ビレッジ 

空港からタクシーで30分弱の移動で、ホテルに到着。

https://www.hiltonhawaiianvillage.jp/

そしてチェックイン。

このホテルはチェックインカウンターがいつも混んでいて、待ち時間が長いと悪評高いですが、私が行った時も予想通りの混雑具合で、待つこと30分以上。

でもいざチェックインになると、スムーズにキーを受け取れました。

追加料金を支払うことで、より快適な客室である「グランドアイランダー」へアップグレードできますがどうですか?と聞かれたけれど

…しませんでした。

一泊$200以上追加して良い部屋に滞在するより、今回は無料で泊まれるから来たわけだし、無料を最大級に楽しもう!という意思を貫きました。

ちなみに予約の時点でクレジットカードに$99デポジットされますが、チェックアウト後に返金されるとのことでした。(実際に返金されました。)

そして割り当てられたお部屋は、特筆すべきことが何もない、タパタワーの一室。

タダで泊まれるんだし何も文句はありません。

見事なビルディングビューですが、ちらっと海も見える…。良かった…。

小さいながらもベランダがついていたので、お外の椅子に座ってビールを飲めたのが良かったかな。

(でもお向かいの部屋のベランダで日光浴をしていた人と、終始目が合っていたけど。)

そんなお部屋でした。

ハワイは平均的にホテル代が高めなので、通常でこの部屋を予約すると、1泊$300ほどです。 そこにTAXが上乗せされて…

3泊なら日本円で10万円以上かかるということに……

ハワイ怖い。

今回は本当に宿泊費が無料(もちろん諸税もリゾートフィーもなし)でした。それを考えると、とても価値があります。

〈ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ〉の全体の感想は、

  • 敷地内になんでもあってなんでも揃う
  • トロリーを使うなら立地は悪くない
  • 日本語が普通に通じる →日本語デスクがある
  • ツアーでも人気のホテルらしく、日本人が多い
  • なんでもあって便利だけど喧騒

という感じです。

タワーや部屋によって、ホテルの印象が全然変わるホテルだと思います。

プールもいくつかあり、ナイトプールも営業していました。

もちろんホテルの前にビーチもあって、ビーチの施設も充実しています。

でもホテルとしての感動は、私たちにはなかったかな。

自分でお金を払って泊まるなら・・・申し訳ないですが、ここは選ばないです。

さて、それではいざハワイを遊びに出かけよう!

ワイキキビーチはやっぱり「イマイチ好きじゃない」と思ったので、ホテルの近くにあるレンタカーでマスタングのコンバーチブルを借りて、

〈カイルアビーチ〉まで行きました。

土曜日なのに、人がまばら!海がきれい!!

ワイキキビーチより断然静かでした。

ナビ付のレンタカーがあれば、ハワイ初心者でも迷わずに行けるのでオススメです。

*ハワイのレンタカーは国際免許証がなくても、日本の免許証で借りられます。車は左ハンドル、右側通行なので最初は戸惑うかもしれませんが、海外ドライブ初体験の主人も、問題なくスムーズに運転できました。たった一日だけでもレンタカーでビッグアイランドをドライブすると、ハワイを数倍楽しめると思います。

カイルアビーチまではワイキキからドライブで40分前後。

Google Map

カイルアまでのドライブ中も、ハワイらしい景色が楽しめました。

カイルアビーチ周辺の駐車場は、週末は終日満車のようです。私たちは運よく空いたところをゲットしたのですが、行き帰りの周辺道路も混雑気味だったので、ここに行くなら早朝が賢明ですね。

(ここ、厳密には駐車場ではなく路肩だと思うんですけど…、みんな停めてたし大丈夫っぽい。。)

ところで、ちょっと嬉しかったエピソードをひとつ。

この日、飲料水を持っていくのを忘れた私たち家族。周りに売店なども見つけられず、困りながら近くにいた男性グループに 「ペットボトルのお水はどこで買えるか知りませんか?」と尋ねたところ、おじさんたちがクーラーボックスから2本のボトルウォーターを取り出し、「これ持っていきな」と渡してくれました。

「え!いいの?おいくらですか?」と言ったら、「No,No! This is Hawaii」とニコッと笑ってくれたおじさん。

こういう親切をもらえると、旅の印象ががらっと変わりますね。

気持ちいいビーチで、午後の数時間を過ごすことができました。

*ビーチには無料のシャワーや更衣室もあります。

せっかくレンタカーを借りたので、ビーチ以外にもいろいろなところへドライブしてきました。

朝食には、(ハワイNo.1エッグベネディクトと呼び声の高い)「ハウツリー ラナイ」へ。

Hau Tree Lanai - Kaimana

ワイキキからは離れているので、レンタカーで行くのが簡単かと思います。

〈The New Otani Kaimana Beach Hotel〉というホテルの1階にあるので、車もエントランス付近に停められ、朝食利用であれば駐車料金もかかりませんでした。

朝食タイムは混雑するので、予約が必要とのこと。私たちも時間を無駄にしたくないので、予約して行きました。

このレストランのシンボルであるハウツリーを背に、テラス席で朝食をとるこの写真は、「ハワイ楽しんでる感」が出てますね。

エッグベネディクトは種類豊富!私たちはサーモンベネディクトとクラシックエッグベネディクトをオーダーしました。

一皿が一人分の量ですが、これだけで満腹になります。

ランチタイムにはカイルアの〈ホールフーズ マーケット〉へ行き、好みのお惣菜を買っていただきました。

Whole Foods UK
Whole Foods UK

アヒポキ(鮪の醤油和え)がやっぱり美味しい!

店内にはイーティングスペースも整っていて、十分な数の椅子が置いてありました。

現地のスーパーでお買い物も楽しめて、とても満足♡

海水浴のあとに時間が余ったので、そのまま〈ワイケレ プレミアム アウトレット〉にも足を延ばしました。

Welcome To Waikele Premium Outlets® - A Shopping Center In Waipahu, HI - A Simon Property
Find a Simon Premium Outlet near you. Shop more for less at outlet fashion brands like Tommy Hilfiger, Adidas, Michael Kors & more.

行きたいショップを予め決めておけば、滞在時間2時間ぐらいでもショッピングを楽しめます。こちらでお得に買い物するなら、やっぱりUSブランド。息子には〈Polo Ralph Lauren〉のポロシャツを激安価格で5枚買いました!

この辺の自由なフットワークが、レンタカーならではですね。どっさり買い込んでも、ホテルの車寄せで荷物を下ろせるので、とても便利でした!

街中を颯爽と走るのも気持ちが良かったです。

レンタカー以外での交通手段としては、ワイキキ周辺ではトロリーの移動が楽しくて便利なんですね。

ホテルの近くにもトロリーの停留所があったので、食事やショッピングなど街を巡るときによく利用しました。

主要のピンクトロリーには、JCBカードを持っていると、同行者含め2人までが無料で乗れちゃいます。何度利用してもOKだから、我が家もちゃんと持っていきました。

2階建てトロリーは景色が楽しめて風が気持ちいいし最高!

でも、走ってる本数はあまり多くありませんでした。10分に1本来るか来ないか…。日曜の夜なんて20時で終了してました。日本の旅行会社の2トップが運行している旅行会社の顧客専用トロリーは、深夜まで5分に1本ぐらい走っていたので、利便性で言えばそちらのが上ですね。(LeaLeaとか、OLIOLIとか)

さて、滞在中の食事はどうしていたかというと、その日食べたいものをネットで探して、自分でオンライン予約を済ませて行きました。

レストランの情報とオンライン予約は、〈Open Table〉が便利です。

レストランの情報とオンライン予約 | OpenTable [オープンテーブル]

日本語でとても簡単に検索&すぐ予約ができるので、事前に予定を立てなくてもその日の気分でお店を選べます。(ただし、人気のお店は早めに予約しないと席がないこともありますが。)

今回のホテルがヒルトンじゃなかったら、泊まりたかったホテル 〈ハレクラニ〉の、カジュアルダイニングへ行きました。

ハウス ウィズアウト ア キー | ハワイのホテル | ワイキキ | ハレクラニ 【公式】
ハワイ・ワイキキのホテル【ハレクラニ】は、創業から1世紀を越えた今も「天国にふさわしい館」の輝きのままに不変のハレクラニ エレガンスでお客様をお迎えいたします。

オープンエアで、優しいフラダンスと赤く染まりゆく空を眺めながら、ぼーっとリラックスしていただいたディナー。

でも正直「味はそこそこ。うーん、普通。」笑

サービスと頬をなでる風はそれはもう、心地よかったです。

ほかに行ったところは、〈ロイヤル ハワイアン センター〉にある〈WOLFGANG’S STEAKHOUSE〉

Wolfgang's Steakhouse JAPAN
ウルフギャング・ステーキハウス公式サイト

ランチコースはお手頃で、味も期待を裏切らないものでした。

デザートのチーズケーキがまぁほんと絶品で!コースについていたハーフサイズではものたらず、一皿追加しちゃったほど。

でも場所が場所だけに、そのフロアにいたゲスト全員が日本人でした。(笑)

もうひとつ、ハワイの定番といえば〈bills〉のパンケーキ!

https://www.billshawaii.com/jp/ワイキキ

日本にもお店があるし、メニューや味は同じだろうと思うのですが、ハワイで食べるから余計美味しいってのはありますよね。

こちらも〈Open Table〉で予約して行ったので、10分ほど調整で待っただけで入店できました。

振り返ってみると、本当にガイドブックに書いてある通りになぞったような旅でしたが、まぁ20年ぶりのハワイなんてこんなもんかな。(笑)

最後に、AirAsiaのプレミアムフラットベッドの感想を。

ホノルル発、関空行です。

出発はこのときもほぼ定刻通り。

プレミアムフラットベッドというビジネスクラス仕様のシートですが。

これは良かった!

片道1人11万円でしたが、価値がありました。

もっと安い価格でセールしていることもあるようなので、先手必勝ですね。

何が良いって、優先チェックインです。

(これは往路のプレミアムフレックスでもできましたが、)ホノルルの空港に到着して、5分以内にチェックインできました。

もちろんカウンターには長蛇の列ができていて、最後尾に並んだら1時間ぐらいかかりそうな予感…。

時間に余裕があったとしても、私はあのチェックインカウンターで並ぶ時間がとても苦痛です。(特に帰りの便で、遊び疲れたあとの待ち時間は地獄。)

出発ギリギリまで街でランチを楽しんで、空港に着いたらセキュリティチェックもスイスイ!

というのは、ビジネスクラスならではの時間の使い方。

AirAsiaのプレミアムクラスは、それができるんです。

チェックインが終わり、搭乗券をもらったあとの、出国審査ゲートもこの通り

搭乗券に「GOLD LANE」のスタンプが押されるので、専用レーンから待ち時間なく、さくっと出国できます。

この出国審査にも、通常はとても時間がかかるんです。

そこをぱぱっと通過できるのは、ストレスフリーでとても効率的!

で、座席はというと、レガシーキャリアのそれと変わらない広さ。

ベッドもほぼフラットになって7時間ぐっすり眠れました。。

食事はエコノミーと同じものが出たり、アメニティもブランケット以外は特にありませんが、睡眠や休息時間として過ごすには、充分快適。

普通、私はビジネスクラスにはマイルのアップグレードでしか乗りませんが、

AirAsiaのこれは特別!(だってお値段が違いますから。)

7時間を超えるフライトには、これからも選択肢として確実に残ります。

そして、できるだけ安くセールで買うために、やはり旅の計画は早め早めに!ということを痛感しました。

LCCは基本、キャンセルでの払い戻しはできないので、早めの予約にはためらってしまいがち。

でも、私たち家族はプレミアムフラットベッドに味を占め、次の夏休みの旅もこれで行くことに、すでに決めてます。

次回はAirAsiaでバリ島だ~!

以上、ハワイ日記でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました