ベトナム・ダナンの旅  後編

ベトナム

ダナン家族旅行の後編は、ダナンの市街地から50kmほど北上したところにある、滞在型リゾートで過ごした旅行記を。

ホテルはこちら

〈Angsana Lang Co〉アンサナランコー

Runtime Error

このリゾートは本当にランドスケープが素晴らしく、とても居心地が良かったです。

バンヤンツリーhttps://www.banyantree.com/という憧れのラグジュアリーブランドの姉妹ホテルで、〈ラグーナ ランコー〉という広大な敷地内に計画されたひとつのリゾートの中に、ゴルフ場やバンヤンツリーのヴィラ、このアンサナのホテルがあります。

その巨大さは、Google Mapの航空写真で見ると一目瞭然!

なぜこのホテルを選んだかというと、

まず、客室の広さとその構造。

下から2~3つ目のグレードでも、リビングとベッドルームが分かれているうえ、バルコニーには小さいけどプライベートプールがついています。(こんな感じ↓)

参考までに、部屋のプランを貼ります。

写真で見た部屋の、オレンジカラーやインテリアの雰囲気も好みでした。

寝室はコンパクトだけどベビーベッドもちゃんと納まって

ベッドの右手奥にクローゼットとバスルームが続いています。

シンクは2つあってバスルームも広く快適でした。

アンサナランコーは大型ホテルで、3フロアのメゾネットになった3ベッドルームスイートもあります。

詳しいリゾートの写真はこちらからご覧ください↓

Angsana Lang Co, Vietnam Photo Gallery

ホテルをぐるりと囲むように流れている、巨大なパブリックプールも魅力でした。

東南アジアで一番大きいプールみたいなので、一周泳ぐのはとても無理です。

でもそれだけ大きいと、どこで泳いでいても他人とぶつからないし、ゾーンによってはまるで貸し切りプールみたいで最高でした。

そしてなんといってもそのロケーション。

リゾート内から一歩も出ずに過ごしたかったので、喧騒を一切感じさせないような、人里離れたところにあって、ファシリティが充実した独立型のホテルを希望していました。

まさに、私たちが望んでいた通りの条件が揃ったホテルが、このAngsana Lang Coでした。

さらに、特筆すべきはコストパフォーマンス!

ホテルの周りに何もないのだから、当然食事はホテル内でとることに。

朝食はもちろん、ランチと夕食まで食事はすべて追加料金なしのフルボードプランを選べば、ホテルから一歩も出ずにリゾートを楽しめます。

(ドリンクや子供用ミールは別料金)

食事はアンサナのホテル内にいくつかあるダイニングだけでなく、バンヤンツリー内にあるイタリアンとベトナム料理も選べました。

確か、夕食はアラカルトで好きなものをどれだけ注文してもOKでした。こういうのは長期滞在にもありがたいですよね。

夕食〈The Water Court 〉にて

このあっさりフォーはパクチーの香りが強すぎたけど、美味しかったです。

でも一番はこれ。なぜか「パンケーキ」と言われるメニュー。

ほかにも食べたことのない料理をたくさんオーダーしました。

これらすべて、フルボードプランで追加料金は一切かからず。

昼食には〈Azura〉でイタリアンをチョイス。

こちらは「なくはないかな」ぐらいのレベルで、残念ながら予想を下回った味でした。

それでもバンヤンツリー内のプールサイドのテラス席だったので、背景は完璧ということに。

朝食ブッフェはこちらのメインダイニングで。

朝からシャンパンで乾杯などしちゃってます。

いくつかあるダイニングの中で、一番良かったのは…

〈Moomba〉

Moomba
Moomba doubles as the resort’s area for chilling out and relaxing as well as a dining venue offering the best of authentic Vietnamese cuisine and Southeast Asia...

というプールサイドのレストランです。

こてこてのベトナム料理というよりは、クセのない世界共通の味。

ランチにはハンバーガーもあるので、エスニックに飽きてきても大丈夫です。

美味しかったのはこれ!エビがのったチャーハンです。

日本人の口に合うこと間違いありません。

美味しいお料理とお酒を楽しんだ後は、

Moombaの上にあるルーフトップバーに上がって、星空を見ながらカフェタイム。

子どもが走り回っても全然平気なほど、ゆるやかで自由な空間。

(というか、このときはバーには私たち以外のゲストが誰もいませんでした。)

このようなフルボードに加え、帰りはフライトが夕方だったため、出発時間までのレイトチェックアウトを追加。

もうひとつ追加したのは、帰りの空港までのシャトルです。SUVのプライベートカーでした。

その宿泊合計金額が、日本円で84,000円!

一泊当たり42,000円です!

安心できる高級ブランドの系列で、プール付きのシービュー60㎡のお部屋で、3食付けてこのお値段なら、素晴らしいじゃありませんか

ちなみにバンヤンツリーのヴィラで検索したら、100㎡をゆうに超えるゴージャスなお部屋で、もちろんプールがついていますが、倍のお値段が表示されました。(うちには無理だった~!)

我が家にとっては、このホテルにしたことはやっぱり大正解で、ダナンの思い出がより良いものにアップグレードされました。

隣にあるバンヤンツリーまでは、カートに乗せてもらって移動しますが、敷地内を流れている川を、こんなボートに乗って廻ることもできます。

これだけでもなんだかアトラクション♪♪

あと、無料アクティビティの中に、こんな丸いおわん型ボートに乗れる体験もあったので、やってみました。

た、楽しいけど、あ、暑い…。

ただただ暑い。一生に一度(だけでいい)の体験でした。 

ところでホテルには空港からの送迎シャトル(有料)があるのですが、私たちは前日までホイアンに宿泊していたので、ホイアンからこのホテルまでのお迎えを頼んでいました。

ホイアン⇔ホテル間は、無料シャトルが出ていて、(ダナンには、ホイアンまでの無料バスが出ているホテルが多くあります。)大きなスーツケースがあっても問題ないとのことで、そのシャトルにピックアップしてもらいました。

ホテルまでは2時間ほどのドライブでしたが、ダナンの初めて見る景色はとても新鮮で美しく、隣で熟睡する息子と夫をしり目に、私は車窓からの風景を楽しめました。

前半と後半でホテルを分けたため、2泊3日という短い滞在でしたが、家族とのんびり過ごせた贅沢な時間となりました。

ダナンにもう一度行くとしたら、今度は…インターコンチネンタルにも泊まってみたいなぁ♡

ダナンのリゾート、かなりハイエンドではないでしょうか。

以上、ベトナム編でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました