一人旅 ベルギー編 vol.1 ブルージュ

ベルギー

美しい…ため息が出るほど美しい…。

そんな街にやってきました。

ベルギーのブリュッセルから列車で1時間。(乗る列車によって、所要時間が多少異なります。)

私はローマから空路でブリュッセルに入り、そのままブリュッセル空港始発のブルージュ終点という列車に乗りました。

  ローマからはアリタリア航空で。

  ブリュッセルの空港

  空港からブルージュへ行く列車 

ブリュッセル空港からブルージュまでは、片道21.60ユーロ。 全席自由席でした。

列車のチケット売り場と改札は、空港の地下1階にあります。

発車から15分ほどで途中、ブリュッセル中央駅を経由します。

3両編成だったので、ブリュッセル中央駅からはあっという間に満車状態に。

車窓からの景色を楽しんでいるうちに、ブルージュ駅に到着。

そこから市街地まではバスも出ていますが、歩いても10~15分ほどです。 私は小さめのキャリーバッグを転がしながら、宿のある市街地まで歩いていきました。

宿泊先は、Booking.comで見つけたこちらのB&B http://www.lefoulage.be/nl/home

http://www.lefoulage.be/nl/home

  コンパクトなベッドルーム

  こちらは共有スペースのラウンジ

とてもかわいらしくて清潔なB&Bでした!

一泊142ユーロで、朝食付き。

マルクト広場まで徒歩で10分ほどのところにあります。

1時間もあれば歩き回れるコンパクトな街なので、どこからでも歩いて宿に帰ってこられるのが便利ですね。

冒頭で述べたように、この街はどこもかしこも風景がとても美しく、「屋根のない美術館」と言われるのも納得です。

一日中、街中で心地よい鐘の音が響き渡っています。

では、そんなブルージュの街並みをご覧ください。

  ↑ マルクト広場(世界遺産)

  ↑ 同じくマルクト広場 

運河沿いをボートでクルージングするツアーがあります。

ひとり8ユーロ! ヴェネツィアに比べたら、なんて良心的!笑

そしてこれが、なんとも優雅な旅情感を味わえる、いい雰囲気で。

英語・フランス語・ドイツ語で、完璧なガイドをしてくれました。おそらくそのときのゲストの言語で案内をしてくれるんだと思います。

これは乗る価値ありますね!またこの町に来ることがあれば、そのときも乗りたいです。

続いて

  ↑ 翌朝の朝食

朝食はフレッシュオレンジジュースに珈琲、

ワッフルやいろいろなパンが数種類あり、

卵はリクエストに応じて調理してくれました。

ハム類やチーズもあってボリュームもしっかり。

チェックアウト後も荷物を預かってくれたので、朝の街を散歩。

どこを切り取っても絵になるんだから!

ほんとに心がときめく、美しい街でした。

ところでベルギーといえば、チョコにワッフルにビール!ですよね。

美味しい食レポは、vol.2以降にて♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました